FEATURES

SWISS ARMY ALPEN CAMOUFLAGE MOUNTAIN PARKA スイス軍アルペンカモマウンテンパーカ

今日はちょっと意外な一品を。
最初はすごい嫌悪感を持ってこの一枚を見ていました。
何分、ミリタリーにおけるカモ柄がとても苦手で。
しかもドきつい赤色、色使い。これでホントに山に紛れられるのか?
否定的な意見ばかりを物言わぬ古着に投げかけ、
挙句にはしばらく放置していたのですが、
ある時ふと、こんな重たくて着づらい、カモ柄でミリタリー前回の
'軍モノマニア'みたいな人しか着なさそうなものを
ファッションとして提案してみるのも面白いかと思いました。
どうでしょうかね。

【SWISS ARMY ALPEN CAMOUFLAGE MOUNTAIN PARKA】

ああ、これかあ…。
とお思いの方もいらっしゃる?でしょう。何だか…でしょ。
もっとお洒落なセレクトショップがやってるミリタリーが欲しい、と
言う声が聞こえてきそうです。
そういう人たちを切り離したいって言うのも一つありますが。

スイス軍アルペンカモマウンテンジャケット スイス軍アルペンカモマウンテンジャケット

70年代~とか山岳部隊~とかどうでもいいんですが、
この作りとサイズ感。カモ柄と言う事で敬遠されてそうですが、
ミニマルなデザイナー様が無地の生地とかでサンプリングしたら
滅茶苦茶人気出そうなんですけどね。

スイス軍アルペンカモマウンテンジャケット スイス軍アルペンカモマウンテンジャケット スイス軍アルペンカモマウンテンジャケット

フードの中にネットがしまってあったり、ポケットの配置の仕方も
なんとも面白いではないですか。
後、どぎついカモ柄で着づらい、でかいと来て、
更にはまあまあ重いです。
でも、女性に着て欲しいなあ、と思っています。

スイス軍アルペンカモマウンテンジャケット

面白いの、お探しの貴女に。

【SWISS ARMY ALPEN CAMOUFLAGE MOUNTAIN PARKA】

  • 2019.09.07
  • 15:22

PANTS SKIRT NAPRON パンツスカート ナプロン

こんにちは。
東京に滞在し、色々なお店を訪れてみています。
洋服に限らず、食、雑貨などなど。
'お洒落な店'には辟易している所ではありますが、
結局どんな面でも、中身をどうその地域と構成出来るか、
なのかな、なんて思ったりしています。
どれだけお洒落な外観、内装にしても、
そこに訪れる客層がその店が望むものと違ったり、
その地域が望む店じゃなかったり。
そんな事を感じている次第です。

さて、最近はミリタリー屋みたいになっていましたが、
NAPRONから19AWの商品が届いています。

【PANTS SKIRT NAPRON】

なあんだ。NAPRONのナチュラルテイストのスカートか。
と肩を落としたメンズの皆さんも、パンツスタイル好きな
お洒落女子のあなたも必見。

パンツスカートナプロン パンツスカートナプロン

まずは素材。
滅茶苦茶がっしりしています。
自立するまではいかないものの、
着用すると少し重みのある11号帆布を使用しています。
個人的には5年くらい着用を繰り返した先が気になる所。
そして、NAPRONらしいギミックとして、パンツとスカートを
気分によって変えられる一品になっています。

パンツスカートナプロン

一見スカートだけれど…

パンツスカートナプロン

フロントのスナップボタンを付け替えて…

パンツスカートナプロン

パンツへと早変わり。
アイデア商品ですね。
スカート状態だとくるぶし程の丈、パンツだと
丸みがありながら裾でテーパードする
トレンドらしい形が楽しめます。

パンツスカートナプロン パンツスカートナプロン

オーバーサイズを持ってきても、シャツをかぶせても
合わせてくれる便利なアイテム。
これからにどうぞ。

【PANTS SKIRT NAPRON】

  • 2019.09.07
  • 14:45

ROYAL NAVY CAP イギリス海軍キャップ

好きな方、探している方も多いイギリス軍。
特にネイビー。ロイヤルネイビー物はなんだか
日本だけなのか、特別な扱いがされますね。
今回はその中でもキャップをご用意。

【ROYAL NAVY CAP】

ロイヤルネイビーキャップ

軍ものなので当たり前ですが、無駄なデザインのない、
シンプル着回りないキャップ。
フロントに開いた二つの菊穴が唯一のポイントですが、
卸のお魚さんの様にネームや腕章の様なものを付けていたのでしょう。
後はベルクロでサイズ調整可能。90年代以降ならではのディティールです。

ロイヤルネイビーキャップ ロイヤルネイビーキャップ ロイヤルネイビーキャップ ロイヤルネイビーキャップ

少し浅めのかぶり心地で、頭が大きい方は少し
きつさを感じるかもしれませんが、おおよそほとんどの人に
対応できるワンサイズです。
イギリス軍らしい品のあるネイビーカラーをお楽しみ下さい。

【ROYAL NAVY CAP】

  • 2019.09.02
  • 10:24

FRENCH ARMY M52 TROUSERS PAINTED フランス軍M52トラウザーペイント

こんにちは。今月は展示会ラッシュ。
そんな9月ですが、引き続きオンラインを通して
色々なアイテムをご紹介出来るように努めて参ります。

OIKOSでも大変好評なペンキ加工シリーズ。
これからの秋冬にも対応出来る様、フルレングスで届きました。

【FRENCH ARMY M52 TROUSERS PAINTED】

フランス軍M52トラウザーペイント

配色も新たに。ポイントがありながら、派手過ぎないよう。
勿論一点一点、個体差があるのですが、
手作業でこの再現度、クオリティ。
本当にセンスを感じます。
洗いもかかっているので、サイズ感も若干ですが、
縮みが出て着易くなっています。

フランス軍M52トラウザーペイント フランス軍M52トラウザーペイント フランス軍M52トラウザーペイント

ただのチノパンなんて何処でも買えるんですから、
この位特徴的なものを着ないといけません。
慣れてない方でも意外となんにでも合わせられるもんですよ。

フランス軍M52トラウザーペイント

数にも限りがある特別なペンキトラウザー。
これからの装いに是非。

【FRENCH ARMY M52 TROUSERS PAINTED】

  • 2019.09.02
  • 09:57

FRANCE FIREMAN SWEAT フランスファイヤーマンスウェット

こんばんは。
今年も展開する事が出来ました。
フランスの消防士のユニフォームスウェット。
やはりブランドのサンプリング効果もあって
単なるワークウェアながら他とは異なる扱いを
されている様です。

【FRANCE FIREMAN SWEAT】

要は現代で言う外人がワークマンを着る様な感覚と
ほぼ同じはずなのですが。
同様の事象で括れないのが各国のモノづくりと言う事、
なのでしょうか。

フランスファイヤーマンスウェット フランスファイヤーマンスウェット フランスファイヤーマンスウェット フランスファイヤーマンスウェット

裏のフリースが心地よい、程よい厚みのスウェットに、
この一枚のキモとなるレッドのライン。そしてペンポケット。
視点が変わるとこうも異なるものかと。
今年は去年より大きいサイズをチョイスしています。
メンズレディース問わずトコトン、大きいこの身幅を
存分に楽しんで貰いたいと思います。

フランスファイヤーマンスウェット フランスファイヤーマンスウェット

【FRANCE FIREMAN SWEAT】

  • 2019.08.28
  • 16:46

REMAKE CONSTRUCT THERMAL リメイクコンストラクトサーマル

少しずつ涼しくなってきたような。
と感じるのは秋服を売りたい服屋の性。
なのでしょうか。
リアルなものを提案したくても'システム'が
動かないので何分、ある程度はしょうがない
所が多いのですが。この辺りだったら今、
ご紹介しても良いかな?というモノを。

【REMAKE CONSTRUCT THERMAL】

主にミリタリーのリメイク商品を手掛ける【RE CONSTRUCT】から。
表情は良いアメリカ軍のサーマルのデッドストック。
何が難かと言うとサイズ感なのです。
Mサイズ表記でも大変小さく。オーバーサイズ全盛のこの今に
何とも不向き。
と言う事で大胆にもリメイクを施したのがこちらの一枚。

リメイクコンストラクトサーマル リメイクコンストラクトサーマル リメイクコンストラクトサーマル

絶妙にトーンの異なるキナリ味を帯びた柔らかな
ワッフル素材を身頃の左右に挟み、身幅の問題をカバー。
見た目にもなんだか可愛らしい一枚に仕上がりました。

リメイクコンストラクトサーマル リメイクコンストラクトサーマル

ミリタリーでも着やすく、今っぽいシルエット。
商品ページでは男女ともに着用しましたが、
メンズの僕が着ても少しゆったりで一枚ではもちろん
シャツとの重ね着にも重宝するサイズ感です。
中途半端な季節今時分。ただ変化は欲しい。
そんな貴方に。

【REMAKE CONSTRUCT THERMAL】

  • 2019.08.27
  • 16:54

MALI AFRICAN BATIK SHAWL マリアフリカンバティックショール

こんにちは。
今日は変わり種の民族物を。

アメリカ、ヨーロッパが食いつくされ
アジア各国のフィーチャーも飽和状態。
時代をけん引するリーダーが着手したのは
アフリカ各国の様です。
多くのラグジュアリーブランドも販路を求め、
モロッコを中心にアフリカに出店していると言いますから、
自然な流れなのかもしれません。

この手のアイテムは正直な所、正確な
年代、出自を調べ辛いという事があります。
どこぞのよくわからない民族の織物を引っ張ってきて
価値を見出しているからです。

【MALI AFRICAN BATIK SHAWL】

マリアフリカンバティックショール マリアフリカンバティックショール マリアフリカンバティックショール マリアフリカンバティックショール

今回のマリやブルキナファソなどアフリカでは
様々な地域で染め、ろうけつが行われていた様です。
彼らは、僕らの様な種に目を付けられファッションに
転用され様とは露にも思っていませんから、
自然に、必要に駆られて作られたものです。
虫よけとして
(俗説として言われている程インディゴに効果があるかは個人的には疑問ですが。)
衣類の代わりとして、身体に巻き付ける為、強度を増す為など
様々な'必要'によってつくられたショール達。
決してクオリティが高いとは言えないインディゴ染めも
何だか雰囲気がある様に見えてきます。

マリアフリカンバティックショール マリアフリカンバティックショール

一度彼らの手を離れてしまえば、後はどう使うかです。
そういった背景があろうと、なかろうと、この'良さ'を
感じるならば、その感情に見合った使い方を。

【MALI AFRICAN BATIK SHAWL】

  • 2019.08.26
  • 14:28

SWEDEN ARMY MEDICAL SHIRT スウェーデン軍メディカルシャツ

こんばんは。
気が付くと日の入りが早くなり、
少し日が暮れると夏の匂いが消えかけて
行くのが感じられますね。

洋服も少しずつ秋にも使える。なんて
売り文句の付いたアイテムが出て参ります。
今回はまさにそれ。

【SWEDEN ARMY MEDICAL SHIRT】

スウェーデン軍だけやたらシャツ系の放出が
多い気がするのは気のせいなのでしょうか。
プルオーバーや前開き、グリーンのプルオーバーも
時折目にしますね。
今回は医療用のドクターコートとして使用されていた
もののデッドストック。ブラックは後染めしています。

スウェーデン軍メディカルシャツ スウェーデン軍メディカルシャツ

台襟なしのスリーピング的な襟に全体的にゆったりとした作り。
まさに、売れるミリタリー。と言った雰囲気を持っています。
サイドはスリットが深く、ミリタリーやヴィンテージ的なディティール。

スウェーデン軍メディカルシャツ スウェーデン軍メディカルシャツ スウェーデン軍メディカルシャツ

普通は前を開けて着てコートっぽくスタイリングするのでしょうが、
個人的にはこれからの季節も見据えて、あえてこの上に
重ね着するスタイルもオススメしたいなあ、と思います。

スウェーデン軍メディカルシャツ スウェーデン軍メディカルシャツ

オーバーサイズではありますが、女性が着ても
可愛らしいサイズ感です。
使えるミリタリーシャツを。

【SWEDEN ARMY MEDICAL SHIRT】

  • 2019.08.23
  • 16:57

FRENCH ARMY M52 SHORTS PAINTED フランス軍M52ショーツペイント

単なるミリタリー。だけに留まらないアイテムを
紹介していくOIKOSに置いてまたスペシャルな
一品が届きました。

【FRENCH ARMY M52 SHORTS PAINTED】

ベースは言わずもがなのフランス軍M52ショーツ。
そこにオーバーダイとペンキ加工を贅沢にも
2工程施したエクスクルーシブアイテムです。

フランス軍M52ショーツペイント フランス軍M52ショーツペイント

ブレの中でも存在感のあるオーラ。
1点1点手作業で施されたペンキは
ペンキの付け方、配色ともにセンスが
感じられる仕上がりです。

フランス軍M52ショーツペイント フランス軍M52ショーツペイント フランス軍M52ショーツペイント フランス軍M52ショーツペイント

単調になりがちな夏のスタイルにも
新しいアクセントを加えてくれますし、
まだまだ暑さの続くこれからの
主力になってくれること間違いのないボトム。


フランス軍M52ショーツペイント フランス軍M52ショーツペイント

Tシャツと合わせるのはもちろん、
晩夏を視野に入れて、シャツジャケットと
合わせた時もしっかりと主張してくれる一品です。

単なるミリタリーとは異なるものをお探しの貴方へ。

【FRENCH ARMY M52 SHORTS PAINTED】

  • 2019.07.27
  • 17:12

BATES SNEAKER ZERO MASS MID 5130 ベイツスニーカー

お盆も後半戦。
明日は久々のオープンです。

しかし、ミリタリー、軍の履物と言うのは
なんでこうも心惹かれるのでしょうか。
バッグなどもそうです。
ミリタリーのGOODSアイテムは決して
現代のファッションアイテムの'小物'の様に
なり下がってしまってしまう事がありません。
そんなスニーカーを一つ。

【BATES SNEAKER ZERO MASS MID 5130】

ミリタリーシューズと言えばBATES。
BATESと言えばミリタリーシューズ。
お好きな方には言わずもがななブランドですね。
アメリカ大手のWOLVERINE WORLD WIDE社の中の
ミリタリーシューズ専門部門であるBATES。
アメリカ軍のシューズはもちろん、警察、SWATなど
様々な機関への納入実績があり、固い信用を
獲得した名門ブランドです。

ベイツスニーカー ベイツスニーカー

実はこのタイプはブーツタイプやローカットなど様々な
デザインのものがあるのですが、何分イケてないんです。
ファッションとして有効で且つこのスペックが生きているのが、
このZERO MASS MID 5130と言う訳です。

ベイツスニーカー ベイツスニーカー ベイツスニーカー ベイツスニーカー

ナイロンとレザーのコンビネーション。
アッパーのレザーのデザイン。厚底気味のソール。
ファッションブランドの品と言われても遜色のない
一品ではないでしょうか。
勿論、ソール、ミッドソールなど高性能なスペックを
備えているのですが、それは商品ページで。

ベイツスニーカー ベイツスニーカー

試さなくても分かる、何にでも合わせられるこの感じ。
新感覚のブラックスニーカーを。

【BATES SNEAKER ZERO MASS MID 5130】

  • 2019.08.16
  • 15:32



アイテムカテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ